人間って、目に見えない、実在しないものに怯

Writer: admin Type: 劇団四季 Date: 2019-03-07 00:00
人間って、目に見えない、実在しないものに怯えていませんか?つまり、人は自分の妄想を自身で怖がってると思うんですね。例えば、暗闇が怖い、とか、神が怖い、とか、死が怖いとか。先生に怒られるのが怖い、とか、将来が怖い、とか。実際に何かされてる訳じゃないのに、何かを怖がるのは、それが何か理解できないもの(例えば、暗闇で幽霊が出るのか?幽霊は何かをするのか?、神に見られてるんじゃないか?神は人間をさばくのか?)に対してあれこれ想像を巡らすから"怖い"という状況を生み出すんだと思うんですね。てことは、人間は妄想によって(神が妄想のもの、とは言っていません。神がいるかいないかに関係なく、人間が神に対して妄想している、ということです。)自縄自縛の状態に常に陥ってるんじゃあないかと思うんですね。それは、本能の危険察知能力に由来するのか、それとも、理性をもってしまったが故の弊害なのか?そして、その妄想が実生活にあたかも結びついているという思考に陥ってしまってるのはなぜでしょうか?共感した1###なにかをこわがることは大切な個体維持機能だよん♪>それは、本能の危険察知能力に由来するのか、それとも、理性をもってしまったが故の弊害なのか?能力のたんなる誤作動だよんそして、その妄想が実生活にあたかも結びついているという思考に陥ってしまってるのはなぜでしょうか?どんなセンサーも誤作動はかならずあるよん。感度の調整ができればいーんだけど人間のバヤイふつーはムリだから、誤作動を飼い慣らしてけばいーだけなんだぁ。んで、飼い慣らし方の特性が人によって多様だ、ってだけの話なんじゃないの?(・o・)ナイス0
###この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!###質問者は、こうすれば必ずこうなる、ということを、何度も試して再現して検証したことだけを材料にして、ものごとを考えるべきでしょう。 質問文の中に、何度も試して再現して検証したことが、ひとつもありません。ナイス0
###自分の思考なのに、制御出来ない部分を感じているからでしょう。ナイス0
###五感で感じないものは無いかと言えば在る様です。其れを無意識レベルでもしかしたら五感以外の何らかの知覚能力で覚知したのかも知れません。つまりそれらは良く解らないものの一つと思われます。恐怖心は身体に緊張を与えバイタルサインとして現れ心拍、呼吸を早め血流を増やし臨戦態勢を整える手段と聞きます。生きようと、生き残ろうとする行為そのもので、深層心理の生きたいと思う心とリンクしてくるからではないでしょうか。当事者にとっては既に妄想では無くリアルそのものなのでしょう。ナイス0
###暗闇も神も死も、結局のトコロ、未知の未来に対する不安なんじゃないでしょうか。ナイス0
###何だかわからないもの、理解できないものは怖いし、とりあえず、レッテル貼りができると安心したりします。でも、目に見えるものでも、怖いものは沢山ありますよ。預金残高が限りなく0に近づいていくのが怖い。ナイス0

 

TAG